店舗管理システムで管理の手間を省く【互換性をチェックして導入】

先生と生徒

教育ビジネスで独立する

学習塾の経営は有望なビジネスと言われていますが、未経験者が開業するにはたくさんのハードルがあります。フランチャイズによる経営であれば、豊富なノウハウの提供を受けられるので比較的短期間での開業が可能となります。

店舗

自分の得意をいかして働く

介護フランチャイズがフランチャイズの人気ランキングに多くランクインしている。介護フランチャイズは技術や知識を提供してもらって始められるため、個人でも介護業界に参入しやすい。介護フランチャイズで契約するなら人気だけでなく自分の得意分野も考慮して選ぶ必要がある。

清掃員

低コストで独立できる仕事

ハウスクリーニングは無店舗での経営が可能なことから、初期費用及びランニングコストを抑えて開業ができるとして独立を目指している人たちの間で人気となっています。加えて、家事代行サービス全体の将来性の高さも魅力となっています。

医薬品

年収アップを目指すなら

薬局の経営は収入アップや自由な働き方といったメリットがある一方、働く時間が増える、収入減となるといったリスクも抱えています。開業しようと思うときには時流をふまえた戦略を持つ必要があります。独立支援サービスを使うのも手です。

施設

介護ビジネスを始めるなら

介護業界で働いていて独立開業を考えている場合に利用すると便利なのが介護フランチャイズです。フランチャイズ契約は条件によっては金銭トラブルなども起きるため、契約する際には注意も必要です。自分にあったフランチャイズを探すのにはランキングサイトが役立ちます。

多店舗を管理するシステム

介護士と老人

売上管理から勤怠管理まで

小売業やサービス業など店舗を展開する企業では、複数の店舗をチェーンストア化することで売上と収益を大きく伸ばすことができます。店舗を持つ企業が成長していくのに多店舗展開は不可欠ですが、店舗数が増えれば増えるほど本部と各店舗の情報共有が難しくなるものです。店舗数が多すぎると本部が各店舗の売上を把握するのも大変になり、店舗から本部への連絡も滞りかねません。そうした課題を解決するためITベンダーによって開発されたのが、店舗管理システムと呼ばれる業務システムです。店舗管理システムには製品ごとに多彩な機能が盛り込まれていますが、柱となる売上管理機能はどの製品にも共通して実装されています。各店舗で日々の売上を入力し、本部が店舗別売上表の形で集計するようなスタイルが一般的です。現在では多店舗展開する大半の企業がPOSシステムを導入しているため、リアルタイムでPOSデータを店舗管理システムに取り込めるPOSシステム連携機能が欠かせません。製品によってはPOS不正処理チェック機能を備えた店舗管理システムも見られますので、導入の際には自社の採用するPOSシステムとの互換性も考慮する必要があります。この他にも店舗管理システムには店舗ごとの仕入れや発注を本部が一括して管理する機能や、棚卸しまで本部で管理できる製品も少なくありません。顧客台帳に基いて購買履歴やポイント管理・予約管理など、さまざまな顧客管理機能を備えた店舗管理システムは飲食業界から美容業界に至るまで人気を集めています。POSシステムに統合される例も多い勤怠・シフト管理機能でさえ、店舗管理システムに追加することが可能です。最近では本部から店舗への連絡事項伝達として、掲示板や動画配信を利用する店舗管理システムも登場しました。こうした店舗管理システムがスーパーやドラッグストア・専門店・飲食店・美容サロンなど、多様な業種で利用されているのです。

Copyright© 2017 店舗管理システムで管理の手間を省く【互換性をチェックして導入】 All Rights Reserved.